ミニバのコーチのぼやき


by kikuna-pekopeko

<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ゆるりと

今日は仕事休みの木曜日。
久しぶりにプールへ行った。
ここ数年泳いでなかったので、最初は心臓がビックリしないようにゆっくりと。

隣のコースでは教室をやっていた。
まあ、平日の午前中は年齢層高いねぇ。
私よりもっと年配よ。
でもみんな楽しそう。

けのびをしてまっすぐゆっくり伸びたり、キックだけでゆっくり進むと
時々今まで無かったような体の回転感覚というか、ぶれを感じる。
きっと太ったせいで、今まで厚い板状態だったのが丸太状態になったので、
水中を推進すると、真っ直ぐ安定しないで、回転がかかってしまうんだな、
と思った。

1時間で1キロくらい泳いで、ジャグジーに浸かって
次の教室をのんびり眺めたりした。
若いインストラクター達、おジジおババたちに教えるのも
まあ、いつも初心を見つめ直さなければならない気分になるだろうなぁ
とか思いつつ。

私が若い頃通っていた都心の夜のプールは若い子達が多かった。
どうせなら、若いインストラクターはそういうプールのほうが
モチベーション高くなるだろうて、なんて思いつつ。

水から出た自分の体は重かった…
毎日こんなに重い体を引きずって生きてるんだ。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2008-10-30 22:07 | Comments(0)

うす曇ってしまった

天気予報のアイちゃんは今日は一日晴れるって言ってたのに、曇ってしまった。
まー、アイちゃん可愛いから許そう。
まー、アマタツでも許そう。

ママバスの練習に行く前、布団を干したり入れたりしていて
行くのが遅くなってしまった。
バスタオルもシーツも洗ったし。

練習は若いモンたちが体を張って頑張っていた。 エライ。
シニアは喉が渇いた。
ディフェンスの時よくしゃべるから。

このところ車の運転中によく聴くCDは
竹内まりあの「Expressions」。
1978年にデビューして30年間。ずっと好き。
デビュー曲の「戻っておいで・私の時間」はシングル盤(SP・45回転)を買いましたさ。
最初聞いたとき、“伊東ゆかりの声に似てるなぁ”と思いましたっけ。

「Forever Friends」を聴くと大学時代の友達と久しぶりに会う時間を思い出す。
「毎日がスぺシャル」はあまりに好きでよく聴いてたもので、
子供達がこれを私の葬式の時には掛けてくれると言っていた。
初回限定盤はカラオケの4枚目が付いていた。
車で一人で歌うとえらく下手。
まりあ様がユニゾンで歌ってくれないとすごく下手なのに気が付く。

私の年代の人にはそれぞれ好きなまりあ歌があるんでしょうね。
サザンやユーミン歌があるように。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2008-10-29 16:17 | Comments(4)

好きなもの

週末は新聞に挟まれてくる不動産の広告が好きだ。
特に一戸建ての広告。 できれば中古物件。
間取りを見るのが好きなんす。

もうほとんど無くなってしまったけど、1960年代~70年代の中古物件の
間取り図は見ていて楽しい。
とくに平屋の縁側付きの家(のびた君のおばあちゃん家みたいな)なんぞは大好き。
変な増築がくっ付いているのも好き。
本館、別館、新館みたいなの。

どういう人たちが暮らしていたんだろうか、年寄りは長生きしたんだろうか、
息子は自立したんだろうか、などと、勝手に想像して、
自分がここに住むなら、あの家具をここに置いて、テレビはここで…
とか間取り図を見ていると退屈しない。

小学校の時から間取り図がすごく好きで、しかも姉も好き。
二人で方眼紙にテーマを決めてかいて遊んでいた。
子供は二人、おばあさんが一人いる、お母さんは洋裁をする、とか。
廊下はきちんと定規で線を引くのだ。
仕上げには庭木も描いて、犬小屋も描いてね。

こういう人たちを「マドリスト」と言うんだって。
仲間がいるんだね。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2008-10-25 09:59 | Comments(4)

うちの子は…

会社帰りの混んでる電車の中で、
立っている私の前で座っている子供。
混んでいるのに、どうもその女の子は膝の下に自分の荷物を置きたいらしい。
こんなに混んでんだから無理だってば。
でも無理やり置いてその子は自分の足の置き場に困った。
なんとかしてあげたいけど、私のデカ足も譲れないよ。
そんなこんなで、菊名駅まで立っている人たちもキツキツで頑張ったんだよ。
菊名で降りるとき、なあーんとその女の子は私の足を蹴りやがった。
このクソがきゃーと思ったけど、まあ礼儀を知らない子なんだな、と思って、
しかも日本人じゃなかったから、私の日本語の説教を聞けないんじゃ
しょうがないと思い、そのまま無視して電車を降りた。

ったく…と思いながら歩いていたら、ミニバの子達に会った。
その子たちは元気よーく、「こんにちは!奥山さん!」と。
なんていい子達。
救われた私。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2008-10-21 21:59 | Comments(0)

あちゃぁ~

昨日ミニバの帰り際、次男が体育館に寄ったので一緒に帰った。
途中の自販機で次男がジュースを買うので、
私は少し先をゆっくり自転車をこいでた。
隣にジュースを買い終わった次男の自転車が並んだので、
負けまい!と思い、私もいきなりダッシュこぎをして、
隣の自転車としばらく並走した。 トリャーって感じで。

ふふふ、かーちゃんはまだまだ負けないよって、
にまーって隣を見たら、全然知らない娘さんだった。
次男は少し後ろをゆっくりこいでた。
暗い道だったけど、顔から火がふいた。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2008-10-17 22:26 | Comments(0)

組織

自分は一体どれくらい多くの組織に属しているんだろう。
家族という組織、会社、ミニバ、ママバス、高校生・部活の保護者会、
息子たちの友人の親たち、小・中・高・大学の同窓、親戚。
つまり、母、妻、嘱託、コーチ、プレイヤー、友人、次女、嫁、
とかの役割なんだな。
どの役割を担っても、私は私であり、
ほとんどの役割において同じキャラクターで務めることが出来て、
背伸びしたり我慢しすぎたりせずにやれるのは、幸せなことなんだろうな。
回りに感謝すると共に、自分の歴史にも感謝というか、是認というか、
過去の私なくして、現在の私なしなんだな、と思った。

秋だね、ふと。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2008-10-15 23:00 | Comments(4)

今日という日は

緒形拳が亡くなった。NHKの「太閤記」の秀吉役は良かったなぁ。
子供の私が大河ドラマに熱中した初めての経験だった。
あの時は信長役の高橋幸治と光秀役の佐藤慶がカッコよくて
声も素敵で、家族で熱中して見た。

株も大下落。みんなで知恵を出し合って、
第一次世界大戦の時のようにならないようにしましょう、して下さい。

ノーベル物理学賞を日本人3氏が受賞。
かいつまんだ素粒子論を聞いても、念仏のように聞こえる。
さっぱり分からん。
87歳の南部氏は、やはりノーベル賞受賞の湯川秀樹博士に
あこがれていたそうだ。
今回同時受賞の益川氏は南部氏を尊敬していたそうだ。
いいな、あこがれて熱中して成果が現れて。
それにまた若者があこがれるといいな。

益川氏が今朝話していたけれど、
同年輩の人たちと話し合うのがすごく大事だと。
自分の意見も構築されるし、他人の経験も疑似体験できるからなんでしょうね。
同じ方向(テレビの方)ばかり黙って見ていないで、
膝を突き合わせて話してみましょう。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2008-10-08 09:42 | Comments(4)

お天気!

良い天気だったぁ。
こんなに気持ちの良い土曜日って一年で一体何回あるんだろうか。
秋の佳き日。
先日の水曜日は、生き残りのというか、粘っているというか、
数匹のセミがまだ鳴いていたが、
もう今日はいない。
だって秋だもん。
きっともうすぐ金木犀の香りがするね。
だって体育館の床が滑るようになってきたもん。

今日から手帳に気持ちの良い天気の日はしるしを付ける事にしようっと。

5月、花粉症の終わった頃にもそう思ったんだ、確か。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2008-10-04 21:24 | Comments(0)

時間がぁ~

昨日は朝4:40に起き出し、3人分の弁当を作り、
次男を5:00に起こし、6:00に送り出し、
6:00に長男を起こし、送り出し、
6:30にトーチャンが勝手に起き、8:00に送り出し、
残ったご飯で作ったお握りを持ち、
8:40にママバスの練習へと友達と出かけ、
9:00からの4時間練習にボチボチ参加し、1:00に終了。

帰り、銀行に寄り、
CD屋さんで竹内まりあのCDを買い、
本屋さんで新書『偽善エコロジー』を買った。

この日3回目の洗濯をし、
5:00にミニバのヤングたちの練習に行き、
ヤングたちは10月に沢山入った試合に向かい、
気合充分過ぎで、大変微笑ましく、私が一番楽しんだ。
7:00に終了後、桜木町まで出かけた。

トーチャンのサッカー仲間の日系ブラジル人の友達が
ブラジルへ帰るっていうんで、野毛で送別会をやった。
野毛の飲み屋街ってはじめて行ったけど、
安くて旨そうな飲み屋ばかりだね。
20代~50代の男子たちと飲み、
0:30の東横線に乗って帰ってきた。

トーチャンは酔っ払い、私が「明日の弁当は要るのか?」と
聞いたら、「うん、いる…」とふらふら答えたので、
今朝5:30に起きて3人分の弁当を作ったら、
要るのは高校生だけだった。
という顛末。
ふん。

だが、天気が良いので私は大変ゴキゲンである。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2008-10-02 09:03 | Comments(2)