ミニバのコーチのぼやき


by kikuna-pekopeko

<   2014年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

身近でないもの

NHKの朝ドラを久しぶりに見ている。
ゲゲゲも、ジャジャジャも、見ていなかったけど、
今回の花子とアンは見ちゃってる。
花子さんの話だけだと、見ないんだと思う。
白蓮の話が入っているので面白いんだと思う。
とくに、中年以降のご婦人には面白いんではないかしら。

私の人生で、身近にない言葉の一つとして
「駆け落ち」。
白蓮(ドラマでは蓮子さま)と年下の帝大生との駆け落ちは
見ていて面白いもん。

ドラマには関係ないけど、
あと私の人生でなかった言葉のひとつ。
「華奢」。

「駆け落ち」と「華奢」
素敵な響き。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2014-07-29 12:18 | Comments(2)

あっつい

何か月か前に今年の夏は冷夏だと聞いたような気がする。
でも、猛暑のような気がする。
汗ってこんなに出るんだっけ?
毎日のように体育館に行っているんだけど、
まあ子供たちって、選手たちって、運動に慣れている人たちって
元気よね。

そういう私も
土曜日ミニバ、日曜日高校バスケ、月曜日技術講習会&20周年、
水曜日ママバス&ミニバ、木曜日ミニバ合同練習、今日選抜練習会、
あっつい、あっついと言いながら、オババも体育館通いです。

ビールが美味い。
でも、この夏っていつまで?
まだ始まったばかりなのに。

f0162309_21384417.jpg

[PR]
by kikuna-pekopeko | 2014-07-25 21:32 | Comments(0)

マッスルショールズ

時間の空いた日に新宿のミニシアターでやっている
「黄金のメロディ~マッスルショールズ」という映画を観てきた。

f0162309_7233958.jpg


懐かしいソウルシンガーやロッカーたちが出てくる。
パーシースレッジやウィルソンピケットやアレサフランクリン。
オールマンブラザーズやレイナードスキナードも。

アラバマのこういう地方都市でアルバム作っていたのね。
1960年代~70年代のここで作ったLPをずいぶん買っていたんだね。

曲が懐かしくて、シンガーたちも歌上手くて、楽しめました。

アメリカって都市部を離れるともうどこも田舎なんでしょうが、
アラバマも田舎ね。
綿花畑もテネシー川もきれい。

ところでテネシー川ってどこからどこまで流れているんだ?
内陸部だから海ないもんね。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2014-07-19 07:39 | Comments(0)

裏側

先日関内をぶらぶら。
面白い古本屋とか見つけたり、
面白い建築書ばかりある本屋カフェを見つけたり、
以前にも行ったことのある古本屋に入ったり、
まあ、老人のような感じ。。。

f0162309_9425035.jpg



古いビルの裏側。
入り組んでる。
色もレトロ。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2014-07-16 09:45 | Comments(0)

焼き鳥

仕事場の近所に虎の門ヒルズが出来た。
日々成長するビルを毎日自分の席から確認していた。
立派に育ちました。

f0162309_21321782.jpg


友人となんか食べようかって金曜日の夜行ったら、
どこも予約で一杯でした。残念。
その近くの昔からある焼き鳥屋で飲みました。
焼き鳥美味しかったぁ!

f0162309_2135819.jpg


このビル、新虎通りとかいう通りのトンネルの上に作られているんで、
さぞかし建てるの難しかったんではないでしょうか。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2014-07-14 21:36 | Comments(0)

草取り

草取りの事を、嫌いだの好きだの言ってられない。
先日、水戸の実家に行ってやってきました。
毎日やるなら結構充実した仕事なんだと思う。
たまにだと、量が多くて大変になる。

f0162309_21434153.jpg
f0162309_21442710.jpg


草の合間に咲いていた花たち。
梅雨の雨を受けてきれいに育ちました。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2014-07-09 21:45 | Comments(0)

桜さんたち

最近読んだ本でとても印象的だったのが、
桜木紫乃の「ラブレス」と
桜庭一樹の「私の男」だったのです。
もう、どっちも本の4分の1まで読み進むのにとても辛くて、
若い時だったら放り投げてしまった本です。

ところが年を取ると良いことも起こるもので、
我慢強くなって最後まで読めるようになるんですね。
自分の倫理観とかを無視して本のなかにどっぷり浸かってしまうと
後は勢いで読み切れます。

ラブレスも私の男も、地獄好きで、
実は楽観を持っている女性が書いた小説のような感じがしました。
プロットとか辻褄とかを超える、愛の話なんですね。
書く力は両人とも凄いです。
上手い文だなあと思います。

そこで映画はどう描いているのか、興味があって、
「私の男」を観に行きました。
原作の方が良かったな。
男優の浅野君がもっとヨレヨレならいいんだけど、カッコ良すぎるんだな。
今より少し若いトヨエツならいいかな。
二階堂ふみちゃんは良かった。
小町役の女優が良かった。
流氷の絵がきれいだった。
陳腐な暗示が多くて、原作の乾きを失っていた。(もっと無機質なの)
私が小説を読んで描いた映像と違うところが多かったせいかな。
原作より良かったところは少女が津波の後救出されるところ。
あの子役の女の子は朝ドラの花ちゃんの小さい時の子ね。
「花ちゃん」役づいてるんだね。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2014-07-03 22:21 | Comments(4)

WCベスト8

WCベスト8が出そろいました。
ブラジル、コロンビア、フランス、ドイツ、
オランダ、コスタリカ、アルゼンチン、ベルギー。

トーチャン予想のメキシコは残念ながら長男彼女予想のオランダに負けてしまった。
他のメンバー5人の予想の国は8つに残っている。
残っているというより、突き進んでいるって感じ。

ドイツのGKノイアー、すごいですね。
判断と強さがスゴイヤー。

4掛けで長男ブラジル対私コロンビアの対戦がある。
ネイマール対ロドリゲス。
ブラジルのオスカルも上手い。

イケメンをベスト8から選ぶなら

コロンビアのロドリゲス(キリっとしてる)
ブラジルのネイマール(カワイイ)
フランスのオリビエジルー(整ってる)
ドイツのマッツフンメルス(精悍)
アルゼンチンのゴンサロイグアイン(男っぽい)
かなあ?
ポルトガルのコエントランがいっちゃん好みなんすけど、負けてしまった。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2014-07-02 09:34 | Comments(0)

半分

2014年、半分が過ぎてしまった。
なんてこったい。
自分の中での半年前からの懸案事項はそのまま宙ぶらりんだ。
世界ではWCまっさかり、日本では政治が急いでいる。
こういう時、あのNHKの歌、
花は花は花は咲く~
私は何を残しただろう
という歌が浮かぶのよね。
わた~しは何を・・・・?

20世紀は戦争の世紀だったと歴史が言う。
戦争で亡くなった人の数が膨大になった世紀だと。
21世紀はその歴史を教訓として、平和の世紀になってほしい。
なってほしい、なっていなくては、なるにはどうする?
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2014-07-01 20:45 | Comments(0)