ミニバのコーチのぼやき


by kikuna-pekopeko

<   2016年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

画廊は楽しい

六本木のギャラリーへ
師匠・吉澤美香さん、齋藤芽生さんたちのグループ展。

↓吉澤美香さんの作品。きれい。

f0162309_20412047.jpg

良いですねぇ。 以前の個展の大きな作品のコンパクト版。
大きな作品で良い作家って、小さい作品でも必ず良い。
逆は真ならず。 
小さい作品で良い作家は大きな作品で必ずしも良いとはかぎらない。
まあ、私の偏見かもしれませんが。

f0162309_20433132.jpg

きれいな筆致。

↓齋藤芽生さんの大学生の時の作品。
びっくらこきました。
才能すごい。
私のような素人がわざわざ言うほどのことではないかもしれませんが。

この作品群、素晴らしかった。今後も楽しみです。

f0162309_20455260.jpg

f0162309_2048276.jpg

[PR]
by kikuna-pekopeko | 2016-06-29 20:53 | Comments(0)

ライブ

現場主義。
というほどカッコ良いもんじゃないけど、ライブが好きだなあ。
f0162309_1835440.jpg

友人の吾妻光良とスウィンギングバッパーズのライブが渋谷でありました。
楽しかったわあ。
この日も吾妻氏のギターは響きが伸びやかで気持ち良かったです。
前売りの売れ行きが芳しくないとか言ってましたが、
結局満員でしたね。

バッパーズのファンって、私と同年輩だから、前売り買っといて
体調悪くなって行けなくなるリスクを取るより、
当日券の高さのリスクの方が請け負えるお年頃なんではないでしょうか。
f0162309_1892385.jpg


頑張れ、同年輩楽団!
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2016-06-25 18:09 | Comments(0)

フェイク

アサリを買って、砂を吐かせて、酒蒸し。
美味しいよねえ。
食べていたら、ひとつすごく硬いのがあった。
そして重い。
f0162309_2118208.jpg


ほら、分かる?真ん中の。
石だった。
アサリによく似てる。
f0162309_21193143.jpg


昔、シンガポールに住んでいた時、
アジア産米を買うと中に石とか多く入っていた。
目方をごまかすためのアイテムだったらしい。

このアサリ石は見間違いなんでしょう。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2016-06-21 21:22 | Comments(0)

日常

日常はミニバの練習とか。
f0162309_22364144.jpg

菊名小で合同練習。

f0162309_22382097.jpg

およそへ行って試合とか。うわ、ちっちゃ、うちの子たち。
f0162309_22401825.jpg

家のあじさい。
もう夏ね。
f0162309_22434245.jpg

久しぶりに会いました。ケモノ猫。バケモノじゃなくてケモノよ、獣。
少し年取ったけど、ご健在の様子。
カッコ良いねえ。孤高。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2016-06-18 22:46 | Comments(0)

そしてパリ

暖かかった南仏からパリに帰ってきたら、やっぱり寒かった。
またセーターを着て、ウルトラダウンを着た。
f0162309_22162493.jpg

寒そうでしょ?マロニエの花粉症もまた現れる。
f0162309_22172647.jpg

花屋は春。スズランの花は幸せのプレゼント。

f0162309_2219234.jpg

パン屋さんのスィーツも春。

f0162309_2220731.jpg

チーズ屋さんには季節はないのかな?

そんで帰ってきました。
f0162309_22215834.jpg

機内食美味しかった。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2016-06-18 10:24 | Comments(0)

ニース

f0162309_927446.jpg

ニースで老舗のかご屋さん。
おばあちゃんが籐椅子の座面を直していました。
フランス語で一生懸命説明してくれる。
なんとか分かろうとする。
が、詳しくは分からない。
二本ずつ編んでいくんだと言っているんだと、想像する。

夏用のステキなバッグを買った。うふふ。

南仏へ来るときはちょうどフランスの国鉄のストに出会い、
乗るはずだった電車に乗れなかった。
帰りはあこがれのTGVに乗っただよ。
f0162309_9335275.jpg


f0162309_9345434.jpg

ホームに咲いていたバラ。
南仏終了。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2016-06-15 09:36 | Comments(0)

勘違い

私、最近、本を読んでも読解力が付いたような気がしてきてさ。
小難しい内容も、なんだか理解できそうな気がしてさ。

昔、あんなになんだか分らなかった「小林秀雄」も分かるようになったような、
大船にのったような気がしてきた。
まあ、オチャノコサイサイとまではいかなくても、
若い頃、なんであんなに苦労していたんだろう、
バカだったな、私!と思えるようになってきたと思った。

そこで、また読んだ。
f0162309_2120972.jpg


この本読むのに、一冊一か月かかった。
3ページ読むと眠くなった。
結局、よく分かんなかった。
なんでわざわざこんな分かりづらい文にするんだ!と少々怒ったりした。
怒りながら、すぐ寝た。
勝気な私は、
小林秀雄って理論的というより、
直観的、感覚的で、すぐ、ゆらぐんじゃない?
とか思ってみたりした。

無謀だったな、私。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2016-06-11 21:24 | Comments(0)

ニース

そして振出しのニースへ戻る。

f0162309_551479.jpg

ニースの海岸にて。
日光浴をしていたおばさん。
f0162309_5564443.jpg

服を身に着けていくうちにお金持ちのマダムの出来上がり。
f0162309_5582564.jpg

この寝っころがり用の移動式ベッド便利よね。

f0162309_605044.jpg

お金持ちではないおばさんは海岸でなんだか変わったものを拾う。
f0162309_621389.jpg

なーに?これ。なまこ?すごくきれいな色。
コートダジュールはなまこもアジュール?
海岸は砂ではなく、石で、素足で歩くとすごく痛かった。
足つぼマーサージのようだった。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2016-06-10 06:07 | Comments(0)

ルノワールの館

ルノワールが描いたオリーブの樹。
f0162309_21233445.jpg


その樹。
f0162309_21242847.jpg

立派です。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2016-06-09 21:25 | Comments(0)

ルノワールの館

珍しいルノワールの彫刻もいろいろある。
彫刻家の誰かとのコラボ。
f0162309_22232668.jpg
f0162309_22235862.jpg
f0162309_22242647.jpg


どの彫刻も誠実な感じ。
これらの彫刻の口元が友達の谷沢くんに似ていた。
[PR]
by kikuna-pekopeko | 2016-06-08 22:26 | Comments(0)